ベトナム航空国内線(ホーチミンーハノイ編)

ANA(全日空)

国際線ー国内線の移動

もう少し旅行者にわかりやすいと良いのではと個人的に思う

ホーチミンは、かつてはサイゴン国際空港とも呼ばれ、現在はタンソンニャット国際空港

で、国際線ターミナルの新ターミナル4階建ては、日本のODAにより建設された。

タンソンニャット国際空港では、国際線から国内線の乗り換えはターミナルの移動があり、一度荷物は受け取り乗り換えをしないと駄目なので面倒です、国際線ターミナル出口を出て右に行くと国内線ターミナルに行けます、国内線ターミナルからは左に行くと国際線ターミナルに行けますが、徒歩で移動ですが空港の移動なので良い運動になります。

ベトナム航空国内線ラウンジ

ほとんどの人達がベトナムの方が多い様に見えますね~

またラウンジでは国際線・国内線ともに必ずフォー(ライスヌードル)が置いてあり、トッピングなどは自分で選びスープを入れるので簡単に食べれるので、つい食べてしまいます。

国内線ラウンジにしては食材も多く良いです(逆に日本で国内線ラウンジは乏しく思えるほど)

近年は経済成長が凄いために空港利用者も急増しパンク状態なので、新たなターミナル建設をしているそうです。

 

ベトナム航空ハノイーホーチミン国内線で約2時間のフライトで、国際線と同じB787-9機材の為に、快適な空間でフライトでした。

食事は国際線と比べたらやほり落ちますね~

 

ベトナム航空80,000マイルでビジネスクラス体験記!
成田ーハノイVN311便の今と昔【比較編】 スカイトラックスの格付けで4つ星になり、サービスも向上し機材も新しくエアバスA350-900 XWB型機及びボーイングB787-9ドリームライナー型機を導入し燃費の向上とサービスの改善で...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました